<   2010年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

春の嵐の三浦半島 その10 剱崎灯台へ続く道

剱崎灯台へ続く道です。
遠くに小さな白い灯台が見えます。 ↓ 画面上をクリックすると少し大きい写真で見れます。
e0016732_22411175.jpg

周囲一面はキャベツ畑が広がっていました。
e0016732_63175.jpg

[PR]
by hirotons | 2010-03-31 22:41 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その9 マグロ 

三浦半島でマグロといえば三崎港。
写真家の野口毅先生に連れていってもらったレストラン「はまゆう」。
朝11時きっかり開店のお店ですが、早く行かないと行列ができて、人気メニューはすぐ無くなってしまうそうです。
そこで少し早目の10時半に到着。我々の他には客はなし。やった!一番のりや!
店の前で待つこと30分。あっという間に人が集まってきて、長蛇の列ができました。
待った甲斐があって注文できた人気メニューのひとつ、「マグロのカマ煮」定食。
どうです、おいしそーでしょ?身もたっぷりあって、すっごくおいしかったですよ。^0^
e0016732_2238288.jpg

その後、強風が吹きすさぶ港の中を散策しつつ、近くの魚市場へ。
マグロの味噌漬け、マグロのタタキ、マグロのギョーザなど、マグロ、マグロのおみやげオンパレードでした。
ちょうど大西洋マグロの輸出禁止法案が否決された頃で、市場も活気づいていたような感じかな。。。
e0016732_22402877.jpg

[PR]
by hirotons | 2010-03-30 22:43 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その8  荒れる海

3月21日 城ケ島にて。
e0016732_22264639.jpg

荒れる海を見に来た若者たち。
e0016732_2229539.jpg

[PR]
by hirotons | 2010-03-29 00:01 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その7

舟の舫(もや)い綱を繋ぐ留め具です。
ロープやくさりの先には、それぞれに漁船が係留されています。
漁師と舟の「絆(きずな)」って感じです。間口漁港にて。
e0016732_027271.jpg

e0016732_0272494.jpg

e0016732_0274227.jpg

[PR]
by hirotons | 2010-03-28 00:26 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その6  ほのぼの編

3連休だったので、風が強くても城ケ島公園辺りには、アベックカップルや子供連れが来ていました。
e0016732_104097.jpg

e0016732_10402841.jpg

[PR]
by hirotons | 2010-03-27 10:41 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その5  猫編

間口漁港で出会った、ワイルドキャッツたちです。
e0016732_23343444.jpg

e0016732_23345270.jpg

e0016732_2335666.jpg

[PR]
by hirotons | 2010-03-26 23:36 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その4

宿泊した民宿のある、松輪間口漁港の夕暮れ。
e0016732_15352.jpg

港から剱崎灯台方面を望む。
e0016732_192720.jpg

[PR]
by hirotons | 2010-03-26 01:06 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その3

3月20日に訪れた剱崎灯台です。
剱崎灯台は、観音崎灯台、城ケ島灯台と並び、三浦半島の代表的な灯台の一つです。
1971年(明治4年)に石造りの灯台として建築されましたが、1923年(大正12年)の関東大地震で倒壊してしまいました。そして2年後の1925年に再建されて、現在に至っているとのことです。
e0016732_0252928.jpg


この日の風は強いながらも、暴風までには至らず、それでも強風にあおられて谷底へ落ちそうになりながら、何とか崖の上の灯台までたどりつくことができました。
e0016732_0243336.jpg

e0016732_0251219.jpg

[PR]
by hirotons | 2010-03-24 00:26 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その2

昨日と似たような写真で恐縮です。。。
実はこの城ケ島には、写真家の野口毅先生に、20日と21日の2回連れて行ってもらいました。
で、昨日と今日にアップした写真は、21日に撮影したものです。
20日も風は強かったのですが、波はここまで激しくありませんでした。
だから、この灯台のふもとまで歩いていって、平気で撮影していました。(2番目の写真)
それが一変して21日は、とても灯台に近寄れない状態にまで、太平洋は荒れまくりました。
波は灯台の立つ岩壁より高くうねり、砕けた波しぶきが強風にあおられて舞い上がっていました。
e0016732_0214071.jpg

20日に真下から撮影した安房崎灯台。表面はタイル張りでした。
e0016732_10505517.jpg


関連ブログ:筆っこ!墨っこ!硯っこ!では、hirotonsの写真に、なまけもの書道家saiyuが書でコラボしています。
見てやってください。
[PR]
by hirotons | 2010-03-23 00:31 | ニッポンの自然・風土

春の嵐の三浦半島 その1

この土日、毎年恒例の神楽坂写真塾・美術塾合同合宿に参加してきました。
今年の合宿場所は、神奈川県の三浦半島です。
写真塾は、日本中の灯台を撮影している写真家の野口毅先生が特別講師で参加され、主に灯台を中心に三浦半島の漁村や磯の風景などを撮影する予定でした。
ところが20日から21日にかけ、低気圧からのびた前線が日本列島を通過し、関東地方では最大風速38mmの強風が吹き荒れるという悪天候に。。。
そんな春の嵐の中、野口先生の車で、三浦半島先端の城ケ島にある安房崎(あわざき)灯台へ出発。
現場は15m以上の強風が吹き、荒れ狂う太平洋の4~5メートルはあろうかと思われる波が打ち寄せ、身体とカメラが塩まみれになりながらの撮影となりました。(^^ゞ
e0016732_11291450.jpg

とういうわけで、今週の写真は「嵐の三浦半島ツアー」です。

関連ブログ:筆っこ!墨っこ!硯っこ!では、hirotonsの写真に、なまけもの書道家saiyuが書でコラボしています。
見てやってください。
[PR]
by hirotons | 2010-03-22 11:47 | ニッポンの自然・風土


ココロに残る懐かしい風景を探して彷徨う、ブラパチ写真家「探邑 Tan'yu」のブログです。


by hirotons

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りリンク

フォロー中のブログ

Day by day
カメラ日和編集部日記 “...
東京的日乗
・・・花に想いをのせて・・・
*a sktech ph...
Tokyo PhotoS...
Slow Photo Life
心のままに 感じるままに2
Tokyo PhotoS...
写真を楽しく!
ぶらぶらデジカメ写真 b...
たびねこ
路地裏統合サイト【町角風景】
「snap!」ブログ_フ...
HarQ Photogr...
サボテンの花
this twiligh...
筆っこ!墨っこ!硯っこ!
トイカメラとのんびり行こう

カテゴリ

日々好日
都市街景
都市の隙間
静止した記憶
時の残像
和ノカタチ
ニッポンの自然・風土
LOMO+HOLGA
ゼブラカダブラ
谷根千そぞろ歩記
お知らせ
私写真
カメラネタノタネ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
旅行・お出かけ

その他のジャンル

画像一覧