<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

神楽坂街景-2-

にぎやかな神楽坂の本通り(早稲田通り)から一歩奥に入った小路や路地は、とても閑静な雰囲気です。
3枚とも:BESSA-R COLOR SKOPAR 21mm f4.0 Kodak 400UC
e0016732_13102995.jpg

e0016732_13113326.jpg

e0016732_13115639.jpg

今、神楽坂4丁目に14階建ての高層マンションを建設する計画が進行中です。
街の景観を破壊するかもしれない高層マンション・・・施主の人はぜひ計画を考え直して欲しいですね。
中世からの街の景観を保存しつつ、近代化をはかっているヨーロッパの国々を、我々日本人も見習いたいものです。
写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。
[PR]
by hirotons | 2006-06-27 13:15 | 都市街景

LOMO LC-A ゲットぉ!

緊急報告。
hirotonsは昨日の日曜日、念願のLOMO LC-Aの未開封品を入手した模様。
ウィーンバージョンのロモ蔵&キリル文字&CCCP工業規格マーク付です。
e0016732_0475635.jpg

e0016732_048278.jpg

詳細は後日。では、おやすみなさい。。。
[PR]
by hirotons | 2006-06-26 00:54 | 日々好日

神楽坂街景

引き続き、6月17日の神楽坂散策写真からです。
神楽坂の路地を歩いていると、下町の色々な表情を見つけることができておもしろいです。
e0016732_21123947.jpg

e0016732_2113738.jpg

e0016732_2113379.jpg

e0016732_21144395.jpg

1,2枚目:BESSA-R NOKTON 50mm f1.5 Kodak 400UC
3,4枚目:BESSA-R COLOR-SKOPAR 21mm f4.0 Kodak 400UC
写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。
[PR]
by hirotons | 2006-06-24 21:17 | 都市街景

変わりゆく神楽坂

引き続き、神楽坂の写真です。
1枚目は実は昨年(2005年)8月27日に撮影した、寺内(じない)公園へ抜ける路地からの風景です。
昼寝をしていたここの路地の主である猫くんが、僕が写真ばかり撮るので、「うるせぇなぁー」てな感じでしぶしぶ立ち退くところです。
BESSA-L SnapShot-SKOPAR 25mm f4.0 1/500 f11 Fujicolor PRO400N
e0016732_021962.jpg

しかし。。。
6月17日の写真塾の撮影会で久々にこの場所に行ってみたところ、「幹」という料亭の向かいにあった黒塀の古い料亭が、
いつの間にか無くなっていてぽっかりと更地になっていました。
急に路地からの見晴らしがよくなってしまい、すぐ右手には高層マンションがあるものですから、去年はいつもここら辺にいた
猫くんも姿を消してしまい、どこを探しても見つかりませんでした。
・・・というか、猫が昼寝するような路地では、既になくなってしまっていました。(ToT)
残念なことですが、1枚目の写真の風景は「ココロのふるさと」として永遠に記憶されることになりました。
せっかくの神楽坂の風情。。。ぜひ守って欲しいですね。
BESSA-R COLOR SKOPAR 21mm f4.0 1/250 f11 Kodak 400UC
e0016732_062926.jpg

写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。
[PR]
by hirotons | 2006-06-21 00:17 | 都市街景

神楽坂ふたたび

6月17日は僕が通っている写真塾の神楽坂撮影会でした。
昨年9月に神楽坂のレストラン・ルバイヤートで開催した0-grapher写真展のために、
実は昨年の夏は神楽坂に通いつめて数十本のフィルムを消費しました。
なので「神楽坂はしばらくいいや・・・」と思う気持ちがあって、それ以来レンズを向けていま
せんでしたが、17日は久しぶりに塾生の仲間と一緒に、半日神楽坂をカメラを持って散策
することができました。
梅雨の合間の良いお天気で、少し蒸し暑かったですが、とても充実した撮影会でした。
そして最後の打ち上げの時のビールが、とてもおいしかった1日でした!(^^♪
RICOH Caplio GX8 28mm域 WB=Auto ISO100
e0016732_110391.jpg

BESSA-R COLOR-SKOPAR 21mm f4.0 1/30 f8 Kodak 400UC
e0016732_19302.jpg

BESSA-R COLOR-SKOPAR 21mm f4.0 1/60 f11 Kodak 400UC
e0016732_182999.jpg

写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。
[PR]
by hirotons | 2006-06-19 01:11 | 都市街景

梅雨入りですねぇ・・

日本列島、全国的にマルっと梅雨入りですねぇ。(ーー;)
沖縄を中心に九州地方は大雨が続いているようで、そちら方面の方々、くれぐれもご注意くださいね。。。
梅雨の代名詞「紫陽花」を、雨の中、家の近所でポチッと撮ってきました。
まるで造花のような青とピンクの紫陽花でした。
これで葉っぱの上にカタツムリでもいてくれればベストなのですが。。。いません。(ToT)
僕のつたない記憶では、確かこの色の違いは、はえている土壌が酸性かアルカリ性か
で違ってたような気がします。
でも、どっちが青でどっちがピンクやったかは、忘れてしまいました。
リトマス試験紙やったら、青がアルカリ、ピンクが酸性でしたよね。(^^ゞ
紫陽花も一緒やったかなぁ。。。それとも根本的に記憶間違いしてるかも。。。
ご存知の人は、教えてください。<(_ _)>
RICOH Caplio GX8 28mm域マクロ WB=Cloud ISO100
e0016732_885472.jpg

写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。

追伸)RICOH GR-Dブログのトラバ企画「雨」に参加したいのですが、GX8はダメかな?(^^ゞ
[PR]
by hirotons | 2006-06-16 00:07 | ニッポンの自然・風土

自然なボケ味って。。。

(お詫び)RICOH GR-Dブログの記事に、誤ってトラバしていました。ごめんなさい。<(_ _;)>
-----
今日も両神国民休暇村の花菖蒲園に咲いていた、普通のショウブの写真です。(汗)
カラーネガからノーマルに補正せずにデジタイズしました。
フィルムで撮影すると、明から暗部への光の滲みが出ていて、非常に違和感の無い自然な
ボケ味が出るような気がします。
しかしデジタル写真では、たまに違和感を感じるボケが出ることがあります。
考えてみれば当然のことで、デジタルは明るいところ、暗いところに等しく画素のコピーを
散らしてボケ味を演出しているので、明るいところに暗いところの光が影響する、などという
自然界で人間の目が経験したことのない状況を作り出しているからですね。(ーー;)
だからフィルムの方が、人間の目には自然なボケに見えることが多いのでしょう。。。
COTAX RTSⅢ Makro-Planar T* 100mm f2.8 1/250 f5.6 +0.5EV Fujicolor REALA100
e0016732_2172411.jpg

写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。
    
[PR]
by hirotons | 2006-06-12 21:30 | ニッポンの自然・風土

マクロプラナー

両神国民休暇村の花菖蒲園で撮影。
今回の写真は、カールツァイス マクロプラナーで撮影しました。
COTAX RTSⅢ Makro-Planar T* 100mm f2.8 1/125 f5.6 -0.3EV Fujicolor REALA100
e0016732_235071.jpg

COTAX RTSⅢ Makro-Planar T* 100mm f2.8 1/500 f8.0 Fujicolor REALA100
e0016732_23515260.jpg

写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。

カールツァイスを持つ理由
[PR]
by hirotons | 2006-06-11 00:41 | ニッポンの自然・風土

ハナショウブ

引き続き、両神国民休暇村の花菖蒲園で撮ったハナショウブです。
今度はマクロレンズで撮影してみました。
菖蒲の花の根元には小さな水の流れがあって、その水が初夏の日差しをうけてファインダー
の中でキラキラと輝いていました。
CANON EOS7 EF100mm f2.8 MACRO USM 1/1000 f5.6 -0.5EV Fujicolor REALA100
e0016732_2226455.jpg

写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。
[PR]
by hirotons | 2006-06-07 22:32 | ニッポンの自然・風土

菖蒲の咲く季節

埼玉県の秩父路にも、ここかしこに初夏の風が感じられるようになってきました。
色濃い若葉に囲まれた小鹿野町両神国民休養地内の花菖蒲園では、毎年6月の中旬に
なると、「両神ハナショウブまつり」が開催されます。
園内には約10000株のハナショウブが華麗に咲き乱れ、近隣から沢山の見物客が
訪れて賑わいます。
光を使って花弁がまるで紙細工のように見えるように撮れないかと、挑戦してみました。(^^;ゞ
CANON EOS7 TAMRON 28-200mm f3.5-5.6 Asph 1/500 f8.0 -0.5EV C-PL Velvia100F
e0016732_2135356.jpg

写真を見た感想などを、ご遠慮なく右下のcommentsをクリックして入れてください。
[PR]
by hirotons | 2006-06-06 21:37 | ニッポンの自然・風土


ココロに残る懐かしい風景を探して彷徨う、ブラパチ写真家「探邑 Tan'yu」のブログです。


by hirotons

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りリンク

フォロー中のブログ

Day by day
カメラ日和編集部日記 “...
東京的日乗
・・・花に想いをのせて・・・
*a sktech ph...
Tokyo PhotoS...
Slow Photo Life
心のままに 感じるままに2
Tokyo PhotoS...
写真を楽しく!
ぶらぶらデジカメ写真 b...
たびねこ
路地裏統合サイト【町角風景】
「snap!」ブログ_フ...
HarQ Photogr...
サボテンの花
this twiligh...
筆っこ!墨っこ!硯っこ!
トイカメラとのんびり行こう

カテゴリ

日々好日
都市街景
都市の隙間
静止した記憶
時の残像
和ノカタチ
ニッポンの自然・風土
LOMO+HOLGA
ゼブラカダブラ
谷根千そぞろ歩記
お知らせ
私写真
カメラネタノタネ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
旅行・お出かけ

その他のジャンル

画像一覧