<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

道の句・秋旅2005 -エピローグ-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
e0016732_13592034.jpg
今回をもって「道の句・秋旅2005」は終了します。
ヘタクソな写真と文章にお付き合いいただき、また毎回いろいろと励ましのコメントをいただいて感謝しております。

本当にありがとうございました。

しばらく充電した後に、投稿を再開いたします。

最後のhirotons旅日記を読む
[PR]
by hirotons | 2005-10-27 23:13 | ニッポンの自然・風土

日本シリーズ(ToT)/~~~

e0016732_7534512.jpg
日本シリーズ。。。阪神タイガースは結局一度も勝てずに終わりました。(T.T)
昨日から引き続きショックで、頭が真っ白状態です。
ブログの更新もできず、コメントのお返事も遅れていてすみません。
明日は元気になると思います。


しかし、千葉ロッテマリーンズは、ほんと強かった。。。。
日本一、おめでとう!アジアシリーズもがんばってください。
[PR]
by hirotons | 2005-10-26 22:19 | 日々好日

道の句・秋旅2005 -その8-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
南八幡平国立公園・乳頭温泉郷 日本秘湯を守る会の宿 「鶴の湯温泉」

かつて江戸時代、秋田藩の湯治場として開かれた開湯350余年の秘湯です。
藩主の警護の侍が詰めていたという茅葺きの長屋「本陣」が、明治時代に改装された
だけでそのまま保存され、湯治客の宿泊にいまだに利用されています。
EOS7 EF24-70mm f2.8L USM 絞り優先f11 Pro400N 14日朝5時30分頃撮影
e0016732_23434122.jpg


続けてhirotons旅日記を読む
[PR]
by hirotons | 2005-10-24 23:58 | ニッポンの自然・風土

道の句・秋旅2005 -その7-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
10月13日(木)の旅日記

浅虫からR4号で青森市内を抜けてR280号に乗り換え、津軽半島の東海岸線を北上
し竜飛岬を目指す。
e0016732_21291526.jpg


さらにhirotons旅日記を読む
[PR]
by hirotons | 2005-10-23 22:26 | ニッポンの自然・風土

道の句・秋旅2005 -その6-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
紅葉風景から、いきなり海です。
浅虫温泉から青森市内を抜けて、津軽半島を海沿いに竜飛岬を目指し走りました。
そう、思わず石川さゆりのあの唄を口ずさんでしまう、♪「津軽海峡冬景色」の竜飛岬です。
そしてここは津軽半島、綱不知海岸。。。海の水が漉き透ってとても綺麗でした。
EOS7 EF24-70mm f2.8L USM 絞り優先f11 PL Pro400N 13日10時頃撮影
e0016732_22381115.jpg

(↑クリックすると800X600に大きくなります)

変わった形のテトラポットによる幾何学模様。
EOS7 EF24-70mm f2.8L USM 絞り優先f8 PL Pro400N 13日 9時頃撮影
e0016732_22393137.jpg

(↑クリックすると800X600に大きくなります)

そして岬の灯台。。。高野崎灯台です。竜飛岬はもうすぐそこ。
Caplio GX8 5.8(28)mm マクロ 露出AUTO ISO100 WB=Auto 画質FINE
                                        13日 11時頃撮影
e0016732_2242455.jpg


写真を見た感想など、ご遠慮なく右下のCommentsをクリックして書き込んでください。

さらにhirotons旅日記を読むなら、ここをクリック
[PR]
by hirotons | 2005-10-21 23:55 | ニッポンの自然・風土

道の句・秋旅2005 -その5-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
10月11日(火)の旅日記 その2

紅葉風景の写真ばかりが続いて目が痛い、などという会社の同僚の指摘もあり^_^;
今日は11日に宿泊した蔦(つた)温泉旅館の写真で目を休めてもらうことにした。
e0016732_2035277.jpg


続けてhirotons旅日記を読む
[PR]
by hirotons | 2005-10-20 21:14 | ニッポンの自然・風土

道の句・秋旅2005 -その4-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
「八甲田山 田茂萢岳より」
八甲田ロープウェーは101人乗りの大型ロープウェーで、麓から標高1,324mの八甲田山
田茂萢岳山頂まで10分程の行程です。
眼下にはカエデやナナカマドの見事な紅葉が拡がり、遠く岩木山やむつ湾までを見渡す
ことができる絶景ポイントです。
山頂駅の横の岩場から、登ってくるロープウェーを撮影しました。(実は高所恐怖症です)
EOS7 24-70mm f2.8L USM 絞り優先f11 +0.5EV PL Pro400N 12日12時頃
e0016732_21591010.jpg

(↑画面をクリックすると800x600で表示します)
「睡蓮沼」
八甲田の山々、大岳(1584m)、高田大岳(1552m)、硫黄岳(1360m)などが
静かな青い水面に映えて、紅葉した木々を引き立てています。
RTSⅢ Distagon 28mm f2.8 絞り優先 f11+1/3EV PL Pro400N 12日11時頃
e0016732_21594895.jpg

RTSⅢ Makro-Planar T*100mm f2.8 絞り優先 f8 PL Pro400N 12日11時頃
e0016732_2201592.jpg

(↑画面をクリックすると800x600で表示します)

みちのく紅葉風景写真もそろそろ佳境に入ってきました。
写真を見た感想など、ご遠慮なく右下のCommentsをクリックして書き込んでください。

さらにhirotons旅日記を読むなら、ここをクリック
[PR]
by hirotons | 2005-10-19 22:24 | ニッポンの自然・風土

道の句・秋旅2005 -その3-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
「再び蔦沼」
Caplio GX8 17.4(85)mm 絞り優先f4.3 ISO400 WB=Auto 画質=FINE
e0016732_21542056.jpg

(↑クリックすると800X600に大きくなります)
Caplio GX8 5.8(28)mm 絞り優先f2.5 マクロ ISO400 WB=Auto 画質=FINE
e0016732_21561338.jpg

「八甲田山の紅葉」
八甲田は十和田湖から奥入瀬(おいらせ)渓流を抜け、蔦沼から青森市方面に抜ける
R103の途中に位置します。
EOS7 24-70mm f2.8L USM 絞り優先f11 +1.0EV PL Pro400N 12日10時頃
e0016732_21551862.jpg

八甲田山というと、明治35年の冬に雪中行軍中の遭難で陸軍兵士199人が凍死した
事件が有名ですが、そのような暗いイメージはなく、標高1000米前後の国道沿いは
目の覚めるような紅(黄)葉におおわれていました。
EOS7 24-70mm f2.8L USM 絞り優先f16 +1.0EV PL Pro400N 12日10時頃
e0016732_21554943.jpg


写真を見た感想など、ご遠慮なく右下のCommentsをクリックして書き込んでください。

さらにhirotons旅日記を読むなら、ここをクリック
[PR]
by hirotons | 2005-10-18 22:46 | ニッポンの自然・風土

道の句・秋旅2005 -その2-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
「鏡 沼」
蔦沼からさらにブナの森を奥に進むと、やがて神秘的な沼にたどり着きます。
鏡沼です。まさしく鏡、水鏡でした!
EOS7 EF24-70mm f2.8L USM 絞り優先f11 PL Pro400N 12日朝6時30分頃撮影
e0016732_22131820.jpg

(↑クリックすると800X600に大きくなります)
何のへんてつもない池とよんでもよさそうな沼ですが、その岸にそびえ立つブナの木々、
水辺の倒木、その上を覆う苔などが水面にシンメトリックな世界を作りあげていました。
EOS7 TAMRON LD28-200mm f3.8 絞り優先f11 Pro400N 12日朝6時30分頃撮影
e0016732_22134869.jpg

(↑クリックすると800X600に大きくなります)
あまりの美しさに、しばらく写真を撮ることを忘れ、立ち尽くしてしまいました。

写真を見た感想など、ご遠慮なく右下のCommentsをクリックして書き込んでください。

さらにhirotons旅日記を読むなら、ここをクリック
[PR]
by hirotons | 2005-10-17 23:04 | ニッポンの自然・風土

道の句・秋旅2005 -その1-

2005年秋、奥州(みちのく)を紅葉と秘湯を求めて旅した記録です。
-------------------------------------------------------------------
「蔦沼の黄葉」
早朝の水面はまるで鏡のようです。
雲間から朝日が一瞬、対岸の黄葉を照らしました。
CONTAX RTSⅢ Vario-Sonnar T*80-200mm f4.0
             絞り優先f11 +2/3EV補正 PL Pro400N 12日朝6時頃撮影
e0016732_1050951.jpg

(↑画像をクリックすると少し大きくなります)

蔦沼は十和田・八幡平国立公園に属する十和田樹海、その中でも特に「蔦の森」と
呼ばれる南八甲田連峰赤倉岳の東麓から蔦温泉周辺へのぶなの森の中に、ひっそり
とたたずんでいます。
周囲約3Kmにわたり蔦沼をはじめ7つの沼が点在しており、蔦七沼と呼ばれています。
蔦沼は約6ヘクタールの沼で、昔は魚の養殖場としても利用され、今でもその子孫達が
回遊しています。

EOS7 EF24-70mm f2.8L USM 絞り優先f11 PL Pro400N 12日朝6時頃撮影
e0016732_11212497.jpg

水が綺麗なため夏には蛍も見られるそうで、まさにホタルの語源のひとつ「星垂る」のごとく、
夜には満天の星空が降るように、水面に映し出されるそうです。

残念ながら、今年は紅葉が遅れ気味で、まだ7分くらいでした。
でも、全山紅葉した時の沼の美しさを想像すると、思わず鳥肌が立ちます。
ぜひまた訪れたい、撮影スポットとなりました。

写真を見た感想など、ご遠慮なく右下のCommentsをクリックして書き込んでください。

さらにhirotons旅日記を読むなら、ここをクリック
[PR]
by hirotons | 2005-10-16 11:14 | ニッポンの自然・風土


ココロに残る懐かしい風景を探して彷徨う、ブラパチ写真家「探邑 Tan'yu」のブログです。


by hirotons

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りリンク

フォロー中のブログ

Day by day
カメラ日和編集部日記 “...
東京的日乗
・・・花に想いをのせて・・・
*a sktech ph...
Tokyo PhotoS...
Slow Photo Life
心のままに 感じるままに2
Tokyo PhotoS...
写真を楽しく!
ぶらぶらデジカメ写真 b...
たびねこ
路地裏統合サイト【町角風景】
「snap!」ブログ_フ...
HarQ Photogr...
サボテンの花
this twiligh...
筆っこ!墨っこ!硯っこ!
トイカメラとのんびり行こう

カテゴリ

日々好日
都市街景
都市の隙間
静止した記憶
時の残像
和ノカタチ
ニッポンの自然・風土
LOMO+HOLGA
ゼブラカダブラ
谷根千そぞろ歩記
お知らせ
私写真
カメラネタノタネ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
旅行・お出かけ

その他のジャンル

画像一覧