カテゴリ:ニッポンの自然・風土( 192 )

ブログ更新。箱根湿生花園の花々:クマガイソウ

神奈川県箱根町仙石原の箱根湿生花園 2011
クマガイソウ(熊谷草 学名 Cypripedium japonicum Cypripedium) ラン科
北海道南部から九州にかけて分布し、特に竹林、杉林などに生育し、大きな集団を作ります。
クマガイソウの名前の由来は、膨らんだ形の唇弁を、昔の武士の熊谷直実(くまがいなおざね)が背中に背負った母衣(ほろ)に見立てたところからついたそうです。(なっかヤヤコシイ)
乱獲されて現在は絶滅危惧種になっています。
e0016732_052128.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
カメラBody:OLYMPUS PEN E-P1
レンズ:ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO + 4/3ADAPTER MMF-1
[PR]
by hirotons | 2011-05-21 23:53 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新。箱根湿生花園の花々:エゾノツガザクラ

神奈川県箱根町仙石原の箱根湿生花園 2011
エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜、学名:Phyllodoce caerulea) ツツジ科
北海道から東北地方以北の高山帯の、適度に湿り気のある岩場や草地に群生します。
常緑小低木の可愛らしい高山植物です。
e0016732_2248147.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
カメラBody:OLYMPUS PEN E-P1
レンズ:ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO + 4/3ADAPTER MMF-1
[PR]
by hirotons | 2011-05-19 00:01 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新。箱根湿生花園の花々:ミヤマオダマキ

神奈川県箱根町仙石原の箱根湿生花園 2011
ミヤマオダマキ(深山苧環) キンポウゲ科
北海道から中部地方以北、南千島から朝鮮北部、樺太に分布する高山植物です。
名前の由来は、花の形が木枠の柱が5本ある、紡いだ麻糸を巻く道具(オダマキ)に似ているからとか。。。
e0016732_22292153.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
カメラBody:OLYMPUS PEN E-P1
レンズ:ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO + 4/3ADAPTER MMF-1
[PR]
by hirotons | 2011-05-18 22:30 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新。箱根湿生花園の花々:オキナグサ

神奈川県箱根町仙石原の箱根湿生花園 2011
オキナグサ(翁草、学名: Pulsatilla cernua ) キンポウゲ科
実は怖い有毒植物。分泌される汁液に触れれば皮膚炎を引き起こすこともあるとか。。。
間違って食べると、腹痛・嘔吐・血便のほか痙攣・心停止に至る危険性もあるそうです。
しかし毒は薬にもなるもので、漢方においては根を乾燥させたものが白頭翁と呼ばれ、下痢などに効くようです。最近は自生していた草地が荒れたり減少して、激減しているとのこと。
e0016732_2256318.jpg

e0016732_235308.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
カメラBody:OLYMPUS PEN E-P1
レンズ:ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO + 4/3ADAPTER MMF-1
[PR]
by hirotons | 2011-05-17 23:03 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新。箱根湿生花園の花々:スノーフレーク

神奈川県箱根町仙石原の箱根湿生花園 2011
スノーフレーク(学名:Leucojum aestivum) ヒガンバナ科
和名オオマツユキソウ(大待雪草)、別名スズランスイセン(鈴蘭水仙)
e0016732_2291746.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
カメラBody:OLYMPUS PEN E-P1
レンズ:ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO + 4/3ADAPTER MMF-1
[PR]
by hirotons | 2011-05-16 22:07 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新しました。箱根湿生花園の花々

神奈川県箱根町仙石原の箱根湿生花園 2011
箱根湿生花園は、国道138号線の仙石原交差点のすぐそばにあり、湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生息している植物を中心にした植物園で、低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高山植物1100種が集められています。
e0016732_2303785.jpg

5月のゴールデンウィークに箱根を訪れた際、半日かけて園内を散策してきました。
僕は花の写真を撮るのが苦手なのですが、この日はちょうど曇り空で、光がよい具合に柔らかく拡散して、花を撮るにはちょうど良い加減でした。
ここは三脚の持ち込みは禁止。植え込みの中の植物を傷つけないよう注意して、マクロレンズで手持ち撮影しました。
e0016732_2312041.jpg

今週は、箱根湿生花園で撮った、珍しい高山植物の花々などの写真をアップしていきます。
e0016732_2322290.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
カメラBody:OLYMPUS PEN E-P1
レンズ:ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO + 4/3ADAPTER MMF-1
[PR]
by hirotons | 2011-05-15 23:03 | ニッポンの自然・風土

ちょっと寄り道 平林寺の紅葉#2

昨日の続きで、埼玉県新座市にある平林寺の紅葉です。
e0016732_1053857.jpg

e0016732_106337.jpg

e0016732_106207.jpg

e0016732_1064884.jpg

e0016732_1075037.jpg

e0016732_1082750.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2010
1枚目のみ:RICOH GR DIGITALⅡ GRLENS 5.9mm F2.4
2枚目以降:OLYMPUS PEN E-P1、ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO + 4/3ADAPTER
[PR]
by hirotons | 2010-11-27 10:09 | ニッポンの自然・風土

ちょっと寄り道 平林寺の紅葉#1

「GRデジタルで神楽坂を撮る」シリーズの途中ですが、紅葉シーズンも終盤にさしかかってきたので、今年、少しだけ撮った紅葉写真を掲載します。

埼玉県新座市にある平林寺は、埼玉県の紅葉の名所のひとつといわれます。
先週の勤労感謝の日、自宅から車で10分くらいの距離なので、その平林寺へ紅葉を撮りに行ってきました。

平林寺へのアクセスは、JR武蔵野線新座駅から西武バス新座営業所・福祉センター入口方面行きで8分、平林寺下車となります。
マイカーで行く場合は、お寺の総門と道路を挟んだ向かい側に民間の「ひるねの森駐車場」 (普通車一日500円) があって便利ですが、総門まで5分ほど歩いてもいい人は、新座市役所の第一から第三駐車場に停めると無料で駐車できますよ。(休日でも、けっこう市役所の駐車場は広いので空いてますねん^^v)

お寺の敷地は結構広くて13万坪もあり、埼玉県指定文化財の山門や仏殿などが点在しています。
敷地の中央には江戸幕府の老中で川越藩主の松平信綱のお墓もあり、また、一般の人が入れない修行僧が起居する本堂などもあります。ここは関東でも代表的な臨済宗の禅寺とのことです。

勤労感謝の日もなかなかの人出でした。
境内は三脚、一脚は持ち込み禁止。それでも多数のシニアの写真愛好家の方々が、ニコンやキャノンの最高級クラスのデジタル一眼を首から下げて、赤いハチマキ巻いた白いズームレンズの砲列を一斉に紅葉に向けてバシャバシャと連射していました。(@0@;)シニアパワー恐るべし!です。A(^^;ゞ
そんな爺ちゃん婆ちゃんたちに圧倒されつつ、PEN E-P1とマクロレンズで撮ったヘタクソな紅葉写真を掲載します。(汗)
e0016732_2223867.jpg

e0016732_2225494.jpg

e0016732_22233592.jpg

e0016732_22342717.jpg

e0016732_22231323.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2010
OLYMPUS PEN E-P1、ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 MACRO + 4/3ADAPTER
[PR]
by hirotons | 2010-11-26 22:26 | ニッポンの自然・風土

吉見百穴 #3

埼玉県比企郡吉見町にある「吉見百穴」の写真はこれで最後です。
e0016732_23104645.jpg
e0016732_2364420.jpg

吉見百穴で使用したカメラはOLYMPUS PEN EP-1、
レンズはOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 に、
ところどころ、自作のソフトフォーカスフィルタを装着して撮影しています。
なんとなく昔の着色写真のような感じに見えませんか?(^^ゞ
[PR]
by hirotons | 2010-04-28 00:04 | ニッポンの自然・風土

吉見百穴 #2 ここは地下軍需工場だった!?

吉見百穴には、もうひとつの歴史がありました。
e0016732_071527.jpg

太平洋戦争末期、戦果が益々劣勢になる中で、日本各地の都市、特に軍需施設のある都市は、米軍のB29爆撃機の激しい空襲に遭っていました。
当時日本最大といわれた中島飛行機(現在の富士重工)の工場も例外ではなく、工場設備を空爆から守るために、埼玉県大宮工場の飛行機エンジン製造部門を、すべてここ吉見百穴の地下軍需工場に移転する計画が実行されました。
昭和20年初頭、全国から集められた3500人の朝鮮人労働者の人たちによって、ダイナマイトを使い昼夜突貫で掘削工事が開始され、高さ2.2メートル、幅4メートル、全長約500メートルのこの地下トンネルが作られました。
e0016732_043960.jpg

同年7月には、大宮工場から移されたエンジン部品の製造部門が、一部生産を開始しようとしましたが、その矢先に日本は8月15日の終戦を迎えます。
結局、軍需工場の役割を果たさなかった地下トンネル。
e0016732_073551.jpg

戦後、工事に携わった朝鮮人労働者の帰国に際に、平和を祈願して植えられたムクゲの苗が、今もこの地で生長をつづけているそうです。
[PR]
by hirotons | 2010-04-27 00:08 | ニッポンの自然・風土


ココロに残る懐かしい風景を探して彷徨う、ブラパチ写真家「探邑 Tan'yu」のブログです。


by hirotons

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りリンク

フォロー中のブログ

Day by day
カメラ日和編集部日記 “...
東京的日乗
・・・花に想いをのせて・・・
*a sktech ph...
Tokyo PhotoS...
Slow Photo Life
心のままに 感じるままに2
Tokyo PhotoS...
写真を楽しく!
ぶらぶらデジカメ写真 b...
たびねこ
路地裏統合サイト【町角風景】
「snap!」ブログ_フ...
HarQ Photogr...
サボテンの花
this twiligh...
筆っこ!墨っこ!硯っこ!
トイカメラとのんびり行こう

カテゴリ

日々好日
都市街景
都市の隙間
静止した記憶
時の残像
和ノカタチ
ニッポンの自然・風土
LOMO+HOLGA
ゼブラカダブラ
谷根千そぞろ歩記
お知らせ
私写真
カメラネタノタネ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
旅行・お出かけ

その他のジャンル

画像一覧