カテゴリ:ニッポンの自然・風土( 192 )

ブログ更新:9月の旅 木曽路妻籠宿 その弐

長野県・南木曾町 妻籠宿 2011
e0016732_12101038.jpg

福島宿は四大関所のひとつ、福島関所があったことで有名です。
なまこ壁の土蔵が残るなど、中仙道の懐かしい街並みが見られます。
妻籠宿が江戸時代の伝統的宿場町の雰囲気をひたすら残していることに比べると、福島宿は歴史と今日の感性が融合した街並み、といった印象を受けました。
長野県・木曾町 福島宿 2011
e0016732_1221316.jpg

e0016732_12131129.jpg

e0016732_12101487.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
[PR]
by hirotons | 2011-11-20 12:21 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 木曽路妻籠宿 その1

日本シリーズは中日がソフトバンクに勝って星を五分に戻しましたね。
いよいよあした日本一が決まるわけですが・・・まぁどっちが勝とうと関係ないけどw。(←イジケ阪神ふぁん)

さて、9月の旅もラストステージ、木曽路中仙道の宿場町の写真をアップします。
木曽路の中仙道には、街道に沿って11の宿場町があります。
2007年には、そのうちのひとつ奈良井宿を訪れたので、今回は福島宿、妻籠宿、馬籠宿を訪れました。
その中でも街並みに最も趣があったのは妻籠宿でした。
ここは全国ではじめて古い街並みを保存したことで有名で、先に紹介した白馬村の青鬼集落同様、国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれています。
写真には宿名を記載しますが、大半はこの妻籠宿で撮影しました。ご覧ください。
長野県・南木曾町 妻籠宿 2011
e0016732_23344057.jpg

e0016732_23345547.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
[PR]
by hirotons | 2011-11-19 23:37 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 木曾の桃介橋 おしまい

長野県木曾郡南木曽町 2011
台風の合間に、少し雲間が切れ日差しが入る時もありました。
e0016732_2239362.jpg

雨でぬれてツルツルすべる。。。こ、こわっ!(@0@;)
e0016732_22392561.jpg

e0016732_22391297.jpg

桃介橋を後にして、さらに中仙道を南下して木曾福島宿から妻籠宿へと向かいます。
次回からは、木曽中仙道の宿場町の写真を掲載しようと、現在、鋭意編集準備中です。
ココロのふるさと (c)hirotons 2011
[PR]
by hirotons | 2011-11-14 22:40 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 木曾の桃介橋 その2

長野県木曾郡南木曽町 2011
e0016732_191596.jpg

e0016732_1903739.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
[PR]
by hirotons | 2011-11-13 19:02 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 木曾の桃介橋 その1

桃介(ももすけ)橋は木曽川にかかる全長247メートルの日本最大級の木製のつり橋です。
木曾の電力王といわれ福澤諭吉の婿養子でもある福澤桃介が、水力発電所開発の為に架けたそうです。
興味がある人は、Wikipedia 桃介橋をご覧になってください。
台風で風雨が強い日でしたが、揺れるつり橋の上で、風に飛ばされないように必死のパッチで撮りましたw。

長野県木曾郡南木曽町 2011
e0016732_15431986.jpg

e0016732_15433364.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
[PR]
by hirotons | 2011-11-12 15:44 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 信州白馬村 青鬼集落 (番外編)

長野県・白馬村 青鬼集落 2011
最初に書いたように、この青鬼集落は「重要伝統的建造物群保存地区」である。つまり村全体が文化財みたいなもん。
e0016732_21303342.jpg

そのため、古くなった家屋は、このように定期的に補修されているそうだ。
ちなみにこのおじさんが、青鬼集落で唯一出会った人間だった。(笑)
e0016732_21273082.jpg

集落には観光客相手の野菜や花などの即売所がある。しかしさすがに台風が来た今日は誰もいないw。
e0016732_21272217.jpg

ここの水は清らしくておいしそうだが、それを原材料にした(?)「雪解けサイダー」なる飲料が名物のようで、大量に消費された「雪解けサイダー」の瓶がそれを物語っている。
今回飲めなかったことが、非常に心残りだ。
e0016732_21272752.jpg

さて、ここは別名「お善鬼様の里」ともいうらしい。
e0016732_21303867.jpg

この地に伝わるお善鬼様伝説では、
「ここ青鬼集落は白馬村の北東端の岩手山の山腹にある。この岩手山の東には戸隠村と鬼無里村という村があったそうな。
さて、この鬼無里村に鬼のような大男がやってきて村人たちを苦しめていた。
そこで村人たちは力を合わせて、この大男を岩手山の底なし穴に閉じ込めたそうな。
ところがその後、ある旅人が鬼無里村にやって来て、「戸隠村で鬼のような大男が村人を助けて喜ばれている」と伝えたことから、底なし穴を通じて戸隠村へ出たとき、魂が悪から善に入れ替わったので、この鬼のような大男を「お善鬼様」としてあがめることになったそうな。めでたし、めでたし。。。」


ナビをみると、地図には神社以外、まったく周囲にな~んも書いてない山奥だった。。。(笑)
e0016732_21271224.jpg

なにはともあれ、そろそろ白馬村の青鬼集落にお別れをして、木曽路の福島宿へ向かうとしよう。
また来ます。その時は晴れてね!
[PR]
by hirotons | 2011-11-09 00:05 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 信州白馬村 青鬼集落 (最終)

ここを訪問したのは2回目です。前回は2007年の秋でしたが、やはりこの日と同じ雨でした。
次回ロケに来る時は晴れた日か、またはもっと霧の多い日かにしたいものです。
さらに今回は特に台風が接近したためなのか、人に一度も出会えませんでした。
今度来た時は、ぜひ地元の人と出会って、集落の生活の話なども聞いてみたいと思っています。

長野県・白馬村 青鬼集落 2011
e0016732_22524164.jpg

e0016732_22535740.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
[PR]
by hirotons | 2011-11-08 00:01 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 信州白馬村 青鬼集落 (5)

長野県・白馬村 青鬼集落 2011
e0016732_2327427.jpg

e0016732_2328013.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
[PR]
by hirotons | 2011-11-07 00:01 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 信州白馬村 青鬼集落 (4)

長野県・白馬村 青鬼集落 2011
e0016732_1712588.jpg

e0016732_17124454.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011

※今日からTwitter経由でfacebookへの投稿も再開しました。
[PR]
by hirotons | 2011-11-06 00:01 | ニッポンの自然・風土

ブログ更新:9月の旅 信州白馬村 青鬼集落 (3)

長野県・白馬村 青鬼集落 2011
e0016732_6133987.jpg

e0016732_6141399.jpg

ココロのふるさと (c)hirotons 2011
[PR]
by hirotons | 2011-11-05 00:01 | ニッポンの自然・風土


ココロに残る懐かしい風景を探して彷徨う、ブラパチ写真家「探邑 Tan'yu」のブログです。


by hirotons

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りリンク

フォロー中のブログ

Day by day
カメラ日和編集部日記 “...
東京的日乗
・・・花に想いをのせて・・・
*a sktech ph...
Tokyo PhotoS...
Slow Photo Life
心のままに 感じるままに2
Tokyo PhotoS...
写真を楽しく!
ぶらぶらデジカメ写真 b...
たびねこ
路地裏統合サイト【町角風景】
「snap!」ブログ_フ...
HarQ Photogr...
サボテンの花
this twiligh...
筆っこ!墨っこ!硯っこ!
トイカメラとのんびり行こう

カテゴリ

日々好日
都市街景
都市の隙間
静止した記憶
時の残像
和ノカタチ
ニッポンの自然・風土
LOMO+HOLGA
ゼブラカダブラ
谷根千そぞろ歩記
お知らせ
私写真
カメラネタノタネ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
旅行・お出かけ

その他のジャンル

画像一覧