開業50周年の東京タワー見物記

2008年は東京タワーができて、ちょうど50周年である。
そこで「50周年のうちに」と12月29日に、小学校3年生以来んーーー十年ぶりに、東京タワーへ行ってきた。(^^ゞ

東京タワーは、米軍が朝鮮戦争で使用した戦車を解体した鋼鉄で作られている。
道理でフランスのエッフェル塔のような華奢で繊細なイメージとは縁遠いわけだ。
どちらかというと質実剛健なイメージだが、その姿形が戦争の産物で構成されているということは、まさに激動の昭和の歴史を骨組みとしているといえよう。
e0016732_10335743.jpg

展望台へのエレベータは、50周年最後ということもあって、観光バスで押し寄せた観光客の長蛇の列で1時間待ちとか・・・(゜o゜)
でも4階までは待たずに入れるということなので、とりあえず久しぶりにタワーの中へ入った。
階段で2階に上ると、そこは「おみやげもの」売り場だった。
e0016732_10345466.jpg

なんと昔懐かしい、東京タワーの置物やペナントなどの他、東京みやげが数多く並ぶ。
ここで売ってるものは、んーーーー十年前とそんなに変わらないかもしれない。
e0016732_1037934.jpg

次に、3階へ上がってみる。そこには、これまた懐かしい「東京タワー蝋人形館」があった。
「東京タワー蝋人形館」の開館は昭和45年(1970年)というから、大阪万博と同じ年に開館したことになり、それから営々と38年間続いていることになる。
ここの蝋人形は、かの有名なイギリスの「マダムタッソー蝋人形館」で制作されたものだそうで、マリリンモンローやビートルズをはじめ世界中の著名な芸能人、政治家などが蝋人形として展示されていた。
e0016732_10374469.jpg

何にせよ大変精巧にできているので、その製作過程における目玉などの部品は、ヒジョーに不気味である。(笑)
e0016732_10382624.jpg

50周年最後の土壇場の日に、東京タワーの展望台には登らなかったけれど、歴史ある建築物が持つ昭和の雰囲気を楽しむことができた。
東京スカイツリーができても、このタワーは存続されるとのこと・・・何にせよ、今度は観光客が少ない時に来て、展望台から3丁目の夕日を見てみようと思う。
e0016732_10362436.jpg

RICOH Caplio GX8
[PR]
by hirotons | 2008-12-31 10:44 | 都市街景


ココロに残る懐かしい風景を探して彷徨う、ブラパチ写真家「探邑 Tan'yu」のブログです。


by hirotons

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りリンク

フォロー中のブログ

Day by day
カメラ日和編集部日記 “...
東京的日乗
・・・花に想いをのせて・・・
*a sktech ph...
Tokyo PhotoS...
Slow Photo Life
心のままに 感じるままに2
Tokyo PhotoS...
写真を楽しく!
ぶらぶらデジカメ写真 b...
たびねこ
路地裏統合サイト【町角風景】
「snap!」ブログ_フ...
HarQ Photogr...
サボテンの花
this twiligh...
筆っこ!墨っこ!硯っこ!
トイカメラとのんびり行こう

カテゴリ

日々好日
都市街景
都市の隙間
静止した記憶
時の残像
和ノカタチ
ニッポンの自然・風土
LOMO+HOLGA
ゼブラカダブラ
谷根千そぞろ歩記
お知らせ
私写真
カメラネタノタネ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
旅行・お出かけ

その他のジャンル

画像一覧